栗原 孝洋
    Takahiro Kurihara

    機械設計
    2014年入社

  • 造る立場と使う立場、両方の視点を取り入れて、より使いやすい美しい機械を設計したいです。

  • 01仕事内容

    海外に展開するための機械の設計に携わっています。日本仕様の機械を現地規格に適合させるために、日々頭を悩ませています。

  • 02入社したきっかけ

    転職先を探していたとき、当社の求人がパッと目に入って興味を持ちました。詳しく調べたところ、塊肉を、スーパーなどでよく見かける薄切り・折り畳みの形に加工する機械を製造していると知りました。自分たちの生活を支える“縁の下の力持ち”に気づかされ、目から鱗が落ちる思いがしました。見学して説明も聞いて、機械の画期的な造りやデザイン面でのこだわりについても知り、ぜひ入社したいと強く思いました。

  • 03入社してわかった魅力

    部署間の垣根がなく、柔軟にコミュニケーションできる会社だと思っています。私は普段、設計室で仕事をしているのですが、製造現場の人が訪れて設計の担当と意見を交換していたり、営業が来てお客様からの要望を伝え、実現可能か話し合っていたりします。そういったフランクな雰囲気だと改善提案が出されやすいですし、それぞれの立場からの意見を合わせることで、より優れた製品を生み出せる土壌が社内にできあがっていると感じます。

  • 04「挑戦」と「失敗」

    「挑戦」する場所はどんどん与えられます。激しい食肉業界の変化に遅れをとらないよう、常に新しい技術を吸収し展開しなければならない。そのためには、社員一人ひとりの日々の挑戦が必要だという会社の思いが伝わってきます。そのため、興味があれば現場見学や展示会、研修の参加など寛容です。挑戦に前向きな雰囲気です。
    挑戦するから「失敗」も多いのかもしれません。先輩方のこれまでの苦労や失敗談は興味深いし大変勉強になります。私自身も元々機械系出身ではないため、初めてのことばかり。入社後の組立研修では、小ネジの頭が取れてしまったり、ドリルで開ける穴の径を間違えたり。今も図面を描いていざ組み立ててみると干渉していた、なんてことをやってしまいます。周囲のフォローにはいつも申し訳なく、そしてありがたいです。
    そんな私に海外向けを担当させてくれた会社の挑戦に、何とか応えたいです。

オフタイム

家族との時間の合間には、ゴルフに行きます。最近、社内のゴルフ人口が増えたので、負けないように練習しています。家族、仕事、趣味のバランスが大事だと日々感じています。

  • 佐々木 希美

    佐々木 希美
    Nozomi Sasaki

    知的財産権管理担当
    2017年入社

  • 大西 啓介

    大西 啓介
    Keisuke Onishi

    組立担当
    2019年入社

  • 田中 美奈

    田中 美奈
    Mina Tanaka

    営業事務
    2019年入社

  • 李泓儒

    李泓儒
    Ri Ojyu

    組立担当
    2019年入社

  • 栗原 孝洋

    栗原 孝洋
    Takahiro Kurihara

    機械設計
    2014年入社

  • 野村 純一

    野村 純一
    Junichi Nomura

    制御設計
    2010年入社

オフィシャルサイトはこちら

このページのトップへ